見出し画像

企画即実行のオンライン診療事業|「あのサービスはお母さんが仲間と作ったんだよ」と胸を張って言えるようになりたい

今回は2児のお子さんを育てながら、パワフルに働くオンライン診療事業部の豊則さんによる投稿です。

ぜひご覧ください。

豊則 詩帆プロフィール
東京大学大学院修了。手術支援技術を研究。新卒で株式会社リコーに入社。MFPの設計開発に従事後、ヘルスケア事業の立ち上げを経験。その後、エルピクセル株式会社にて医療画像解析AI事業を立ち上げ、医療事業本部長、プロダクト本部長を歴任。放射線画像診断AIとして日本初の医療機器承認を取得。2022年ファストドクターに入社。仕事では困難な状況ほど燃える性格。2児の母。


画像診断AI事業を0から立ち上げた先にチャレンジしたくなったこと

前職のスタートアップでは6年弱在籍し、責任者として画像診断のAI事業を0から立ち上げる経験をさせてもらいました。最後の半年くらいは、入社当初に思い描いていた「画像診断AIのフロントランナーとして革新的な製品を複数生み出すこと」「製品をたくさんの医療機関で使っていただくこと」「製品の力で間接的に患者様に安心を届けること」についてはある程度達成することができたと感じていました。それと同時に、自分が貢献できることと、事業のフェーズとして必要なことにギャップがあると感じ始め、外にも目を向けてみようと思うようになりました。

私は何かのスペシャリストというわけではなく、完全にジェネラリスト志向で、深く専門性を追求することにはあまり向いていません。ただ、好奇心は強いので、さまざまな領域に対し、各専門家とコミュニケーションが取れるレベルにまで勉強して理解することは得意な方です。そのため、専門家同士をブリッジしながらチームでアウトプットを出していくことが自分の強みと考えています。この領域を掛け算で増やしていくことが、自分自身のキャリア上の価値に繋がるのではと思い、領域を増やすためにも新しい環境でチャレンジしてみたいと思うようになりました。そのようなタイミングでエージェントの方にファストドクターをご紹介いただきました。

「ここで働きたい!」ファストドクターに入社を3つの理由

私は自分の直感をとても大事にしていています。新卒で入社した会社も前職も、他社と比較することなく、直感で入社を即決していて、結果として、両社とも尊敬できる方々と仕事をさせていただき、嬉しいこともつらいことも含め多様な経験を積むことができました。ファストドクターに関しても、直感で「ここで働きたい!」と思い即決したのですが、今回はその直感をきちんと言語化してみたいと思います。

1つ目の理由は、社会的意義のあるサービスを提供していること、それにより幅広く多くの方の役に立てることです。2年ほど前に家族の体調不良時にファストドクターのサービスを利用したことがあり、とてもいいサービスだと印象に残っていました。往診時にいただいた電話番号の書かれたマグネットを家の冷蔵庫に貼っていて、両親の家の冷蔵庫にもファストドクターの電話番号を書いた付箋を貼り、「何かあったらここに電話してね」と伝えていたくらいです。マグネットは今でも貼ってあります。

また、代表取締役である水野さんと面接する1週間くらい前に、たまたま在宅医療で開業している医師の友人と話す機会があり、在宅医療の開業医の大変さを垣間見ることができました。疲弊しきっている友人の話を聞いて、24時間365日体制を構築することの大変さをリアルに感じました。その後のファストドクターでの面接で、法人事業部で在宅医療を提供している施設様の支援も始めていると聞いて、すぐに友人の話と結びつき、そのコンセプトに強く共感を覚えました。

2つ目の理由は、現在(2022年11月時点)のファストドクターの事業フェーズが魅力的だと感じたからです。ファストドクターには、サービスを提供するためのオペレーションがすでにしっかりと存在しています。そこにさらにテクノロジーの力を加えることで、サービスを進化・洗練させていっています。前職ではテクノロジーが先にあり、それをサービスに仕立てていったので、それとは違う難しさにチャレンジできることをとても魅力的に感じました。

3つ目の理由は、経営陣のみなさんと面接の過程でお話させていただいて、一緒に働いてみたいと思った点です。今まで一緒に働いてきた方は圧倒的にエンジニア出身の方が多かったのですが、ファストドクターの経営陣は皆さんそれぞれ違うバックグランドをお持ちです。そういった方々と一緒に働くことで、自分が今まで持っていなかった考えや視座を得られるのではないかという期待がありました。

「あのサービスはお母さんが仲間と作ったんだよ」と胸を張って言えるようになりたい

私はオンライン診療事業部に所属していますが、すでに立ち上がっているサービスについてキャッチアップをしながら、並行してオンライン診療という枠組みの中で「ファストドクターが提供すべきサービスとは何か」を検討しています。何が患者さんのためになるのか、より良いサービスを提供するにはどうすればよいのか、ゼロベースで検討し、サービスを立ち上げ、会社の成長に貢献することが役割になります。

ファストドクターのオンライン診療は、コロナ禍においてオンラインでの初診診療が解禁されて数週間で立ち上げたと聞いて驚きました。しかし、まだまだ患者さん目線でも、診察してくださる医師目線でも改善の余地がたくさんあると思っています。現時点ではオンライン診療についてはまったくの素人ですので、競合サービスを調査したり、医師の方やターゲットユーザーの方にヒアリングをしてインサイトを得たり、新規に立ち上げるサービスのために、引き出しを増やしています。2022年11月にローンチしたばかりの『メンタルクリニックwith KDDI』についても、現場オペレーションを回しながら、より良いサービスを提供できるよう、日々改善を進めています。

私は、企画をすぐに実行に移すことができるファストドクターのスピード感に痺れています。医療サービスを提供するためのリソースが往診事業によってすでにあるので、その前提でサービスを企画できるのは非常にありがたいです。これは他社ではなかなかできないので、そこは下駄をはかせてもらっていると感じています。当然、医療としての質は担保する必要はありますが、まずはサービスを立ち上げ、そこから患者さんや医師の方からのフィードバックをいただいて、走りながらどんどん改善していけるのが魅力です。

また、日々患者さんからのフィードバック内容がLINEで共有されていて、その内容を読むたびに嬉しくなります。私の転職を知った友人からも「ファストドクターに助けられた」「ファストドクターなしでは生活成り立たない」というような応援メッセージを複数いただき、こんなに感謝されるサービスも少ないと思うので、そこはモチベーションに大きく繋がっていると感じます。

月並みではありますが、ファストドクターのオンライン診療を、患者さんに「あってよかった!」と心から思っていただけるサービスにしていきたいです。日本社会のこれからにいろいろと不安はありますが、ファストドクターでの仕事を通して、少しでも住みやすい社会にすることに貢献できればと思います。いつの日か、自分の子どもたちに「あのサービスはお母さんが仲間と作ったんだよ」と胸を張って言えるようになりたいです。

自分が頑張った分だけ社会が少しずつ良くなる実感を得られるフェーズ

ファストドクターにフィットする方は大前提として患者さん視点に立てる方、医療とテクノロジーの両方に興味がある方です。加えて、すでにあるサービスを継続しながら新しいサービスを立ち上げるフェーズなので、既存サービスと新規サービス、短期と中長期など複数の視点をもてる方がフィットすると思います。また、多くの部門との連携が必須になってくるので、他部門の方とのコミュニケーションを丁寧に取ることができ、自分がわからないことやできないことを認めて、人に頼ることができる能力も重要だと感じています。

どこのスタートアップでも不確定要素は多いですが、ファストドクターの場合はそれに加えてコロナの流行の影響を大きく受けることもあり、非常に不確実性が高い状況です。それを臨機応変に対応し、楽しめる人にはとてもエキサイティングな環境だと思います。まだまだ課題がたくさんあるので、自分が頑張った分だけ社会が少しずつ良くなるという実感を得られる、とてもいいフェーズだと思います。スタートアップでは単位時間あたりの経験がとても濃いので、その分得られるものも大きいです。ぜひ、一緒にファストドクターが目指す「生活者の不安と医療者の負担をなくす」を実現しましょう!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!