見出し画像

「手触り感のある開発を。社会に根を張る課題を技術で解決」前人未踏のアウトプットに挑むエンジニア

こんにちは。
採用広報を担当している大塚です。

今回はファストドクターのシステム全般を司どる技術開発部の石田さんの入社エントリーです。

京都大学大学院を卒業し、大手企業からベンチャー企業に転職したきっかけやエンジニア目線でファストドクターへチャレンジする醍醐味などを綴ってくださっています。

ぜひご覧ください。

石田 真也プロフィール
京都大学大学院 情報学研究科にて自然言語処理やロボット対話の分野の研究に携わる。
卒業後は富士通株式会社に新卒入社。アジャイル開発による顧客の Web アプリの開発に、エンジニアとして約3年半従事し、顧客企業のプロダクトオーナーと要求を整理するところから、設計や実装、テスト、運用までの一連を経験。転職前の1 年半では、顧客企業の開発チームとタッグを組み、アジャイル開発支援プロジェクトに参画。多業種・多団体の保険加入のプロセスの Web 化を実現し、既存ユーザ数を減少させることなく移行に成功。チームビルディングのリーダーとしての役割を全うし、チームのコミュニケーションの質向上やチームメンバー同士のシナジーの向上を実現。
初めての転職で2022年5月、ファストドクターに入社。医療業界の情報連携、生産性向上の仕組みをITの力を駆使して実現し、ITエンジニア組織として業界のロールモデルとなるような、クリエイティブでスピーディな現場環境の構築を目指す。

開発業務と並行してチームビルディングのリーダーとして先導

新卒から丸4年在籍した前職の大手システムベンダー企業では、クライアントのエンジニアと自社のエンジニアでタッグを組み、プロダクト開発とクライアントの開発プロセスの改善を両輪として進めることをミッションに掲げていました。私はそのなかで、フルスタックのエンジニアとして開発業務を担当しました。開発チームは若手メンバーで構成されていたので、開発業務と並行して、いかにチームを成熟させるかが課題であり、課題解決のためにチームビルディングのリーダーとして私が先導していました。

転職活動を考えはじめた大きなきっかけは、Netflixにおける社内文化に関する書籍『NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIX』を読んだからです。当時の私は技術の他にもチームビルディング論や組織論にも興味がありました。というのも、学生時代に陸上競技部の主将をやっていたときに、人のマネジメントを通して、メンバー個人としてのパフォーマンス以外にもチームや組織としてのパフォーマンスという概念があることを知り、それが仕事でも非常に重要であるということを強く実感していたからです。そのような時に、たまたま書店で見かけたのが、成長が著しいNetflix社の書籍でした。IT業界でとてつもない勢いがある企業の社内風土や文化がどういうものなのか知りたい、さらに自分の組織にも活かしたいと思いました。実際に読み進めてみると、"クリエイティブでスピード感のある企業風土"の場所で自分も働きたいという想いが強くなりました。

手触り感を持って開発を、日本社会における大きな課題を解決するプロダクト開発への介入

ベンダーでの開発は、大手クライアントのシステムを作る際にシステムの防御力が求められることも多く、その中で、単なるコーディング以外にもシステムリリースで必要となる幅広い概念を知り、SEとしての土台を築くことができ、やりがいがありました。しかし、エンドユーザとの距離が遠く、開発の手触りがあまり感じられないこともあり、自分の作るものが社会にどう影響を及ぼしているのか、なかなか実感を得られませんでした。そういった背景から、日本社会に根ざした大きな課題を解決するプロダクトを作りたいという思いが強くなりました。さらに、社会課題の中でもよりクリティカルなものを解決したいという思いも増して、医療の業界で働くことを決めました。

ファストドクターを選んだのは、エンジニア以外にも救急往診をする医師やドライバー、コールセンターのオペレーター、薬剤や医師の荷物を管理するスタッフなど多くの職制の社員が在籍していて、それぞれがスペシャリティを発揮して一つの大きなサービスを提供しているからです。チームで何か大きなことを成し遂げることが好きだった私は、ファストドクターの風土が最も魅力に感じました。また、一次面接をしていただいた技術開発部部長である宮田さんの「技術者を超えた、ひとりの人間としての圧倒的な引き出しの多さ」にまず惹かれました。エンジニア業界では、人材や組織のマネジメントに興味を持ち、知見がある人は多くありません。他社面接では人材や組織論に関して議論をすることがなかったので、面接で宮田さんとそうしたやりとりができたのは、印象深かったです。また、面接の質問ではテンプレートなものではなく、宮田さんが本当に気になる部分について掘り下げられ、きちんと私がどういう人間かを見ようとする意思を感じました。こうした宮田さんの人柄や、エドテック(EdTech)で開発責任者を務めた経歴、知見の幅広さ・深さもユニークでとても魅力に感じました。

業務としては、現場部署の課題抽出から要件定義、設計、実装、テスト、リリース作業といった一連のシステム開発の工程を一通り行っています。私はエンジニアですが、開発業務だけにこだわることなく、現場と近い距離でこの目で課題を認識しながらものづくりをしています。元々、手触り感を持って開発を行いたかった私には最適な業務だと感じています。提供している救急往診サービスは、コロナ禍で広く使われるようになり、最近では世間の認知度も少しだけ高まりました。しかし、技術開発部自体は実は創設されて1年にも満たない組織でもあります。まだ体制や役割分担、文化などが成長過渡期であり、ファストドクターのエンジニアの一員として組織文化の醸成に向けての活動を始めています。

将来インフラとして機能するものを作れる、技術者として成長できる場

実際に働いてからも感じる魅力のひとつに、社会へのインパクトがあるプロダクト開発に携われることがあります。代表取締役の水野が度々語っている、「119番に電話すると、救急車か救急往診かと、救急車と同じ選択肢として救急往診が日本に根付く。これをファストドクターとして目指している」の言葉通り、単なるサービスの提供ではなく、インフラとして機能するものを作ることができます。それは、ファストドクターにはさまざまな職制のスペシャリストがいるからこそ実現できることで、最大の魅力なのは間違いありません。また、集まっているエンジニアもさまざまなユニーク性を持ち合わせた方が多く、CTO経験者も複数所属していることもあり、技術者としてともに成長できる場であると確信しています。

前人未踏のアウトプットを生み出せる組織で、技術者のひとりとして

ファストドクターで働いていると、医療の業界をより良く変えていくためには、社会の情勢以外にも法律や国の政策なども常にウォッチし、さらにはそこに対してアクションをしていく必要があると痛感しています。私も技術者目線で日本の医療のあるべき姿をイメージし、イノベーションを起こせる人材でありたいと思います。また、チームワークで完成度を高めていくのが好きな私は、人間同士が強烈なシナジーを発揮する場面をこの目で見て、ともに切磋琢磨していきたいという気持ちが強くありました。ファストドクターの開発組織を極限までクリエイティブな環境にし、前人未到のアウトプットを生み出せる組織に成熟させていきたいと思っています。

では、どういう方がファストドクターで働きやすいかというと、「社会に根を張る課題に対していかに技術で解決していくか」というスタンスで開発業務を進められる方、またはさまざまなな職制の人とコラボレーションし、現場業務ひいては社会を自らの手で改善していくことに喜びを感じられる方だと考えます。また、技術開発部はまだこれから組織拡大していくため、社員一人ひとりの裁量も大きくなります。自分で開発環境や技術選定などが行える機会も多いので、自分が主体となって日々の業務を進めたいと考えられている方も働きやすい環境です。

ファストドクターに入社いただいた暁には、技術者の前にひとりの人間として、自分はどう社会に影響を及ぼしていきたいかをともに考えていけたら嬉しいです。その答えのヒントを見つけられるほどに、ファストドクターが立ち向かっている社会課題の規模は壮大だと感じます。さらに、社会課題においてともに考え、相談に乗ってくれる方々がこの会社にはたくさんいます。真の意味で仕事を楽しく、充実感あるものにするために、自己実現と社会課題解決を両立させてともに頑張っていきましょう。ご応募お待ちしております!



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!